カテゴリー : 2017年 3月

米FRB、年内にもバランスシート縮小に着手可能=NY連銀総裁

[31日 ロイター] - 米ニューヨーク連銀のダドリー総裁は31日、連邦準備理事会(FRB)が早ければ年内にバランスシートの縮小に着手することが可能との見解を示した。

北朝鮮の行動は向こう見ず、止めなければならない=米国防長官

[ロンドン 31日 ロイター] - マティス米国防長官は31日、北朝鮮の行動は向こう見ずで止めなければならないと主張した。

ECB、スタンス見直しは「正当化される」が時期尚早=専務理事

[ブリュッセル 31日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のクーレ専務理事は31日、ECBが過去最低の金利水準維持あるいは追加利下げという現在の政策スタンスを見直すことは「正当化される」とする一方、現時点での協議は時期尚早と述べた。

焦点:日銀、中期国債の買入さらに減額へ 「80兆円」削除は慎重

[東京 31日 ロイター] - 日銀は31日、4月の長期国債の買い入れ運営方針を公表し、需給が逼迫している中期ゾーンの買い入れを、さらに減額していく姿勢を示した。足元では、日銀が年間約80兆円をめどとしている国債保有残高の増加ペースから下振れることが確実な情勢だ。

東電が新経営陣発表、川村氏が会長 社長に小早川氏=6月就任

[東京 31日 ロイター] - 東京電力ホールディングス(HD)は31日、新経営陣を発表した。日立製作所の川村隆・名誉会長(77)が東電HDの取締役会長に就任し、小売り部門トップの小早川智明取締役(53)が代表執行役社長に昇格する。6月開催の株主総会後の取締役会を経て正式決定する。

英国のEU離脱交渉は厳しいものに=トゥスク大統領

[バレッタ 31日 ロイター] - 欧州連合(EU)のトゥスク大統領は31日、英国のEU離脱をめぐる交渉について、厳しいものになり対立が避けられない場合もあるとの認識を示した。

EU、英国離脱後に改革加速させる用意ある=欧州副委員長

[セントジュリアンズ(マルタ) 31日 ロイター] - 欧州連合(EU)欧州委員会のカタイネン副委員長は31日、英国離脱後の次なる統合強化策は、財政面の弱い加盟国への投資拡大だと示唆した。ただ、政府と銀行とのリスクの高いつながりが改善されることが条件だとも述べた。

ユーロ圏CPI速報値、3月は前年比+1.5% 予想以上に鈍化

[31日 ロイター] - 欧州連合(EU)統計局が発表した3月のユーロ圏消費者物価指数(CPI)速報値は、前年同月比1.5%上昇と4年ぶりの高水準を記録した2月(2.0%上昇)から伸びが鈍化、市場予想(1.8%上昇)を下回った。エネルギー価格の上昇ペース減速が主な要因。

焦点:トランプ大統領の保護主義が先鋭化、失地回復は為替政策か

[東京 31日 ロイター] - トランプ米大統領が、保護主義政策を先鋭化しつつある。医療保険制度改革(オバマケア)代替法案の断念、メキシコ国境の壁の建設先送り、財源確保がままならないインフラ投資や減税政策など、公約実現の「壁」に直面。なかなか「得点」できない状況を通商政策や為替政策で「突破」しようと試みているとの指摘が市場で広がった。日本もその矢面に立ちそうで、東京市場関係者にも緊張感が走り出した。

東芝の特注解除、審査には長い期間が必要=JPXCEO

[東京 31日 ロイター] - 日本取引所グループ(JPX)の清田瞭・最高経営責任者(CEO)は31日の定例会見で、東芝を特設注意市場銘柄の指定から外すかについては、内部管理体制の確認書が15日に提出された後の情勢も踏まえて検討すると述べた。審査には、前回の審査にかかった3カ月より長い期間が必要になるとの見方を改めて示した。