カテゴリー : 2017年 4月15日

〔表〕NY外為市場=対ドル/各国通貨相場(14日)

[14日 ロイター] - 円 108.61/108.67 ユーロ 1.0609/1.0614 スイスフラン 1.0052/1.0057 英ポンド 1.2522/1.2526 カナダドル 1.3325/1.3328 オーストラリアド 0.7572/0.7582 ル ニュージーランド 0.6997/0.7001 ドル メキシコペソ 18.4977/18.5098 デンマーククロー 7.0088/7.0098 ネ ノルウェークロー 8.5826/8.5876 ネ スウェーデンクロ 9.0351/9.0381 ーナ シンガポールドル 1.3972/1.3983 香港ドル 7.7726/7.7732 インドルピー 64.4600/64.5000

中国の「為替操作国」認定見送り、米財務省が為替報告書

[ワシントン/東京 15日 ロイター] - 米財務省は14日、半期の為替報告書を公表し、トランプ大統領が選挙中から主張していた中国など主要貿易相手国の「為替操作国」認定を見送った。

コラム:トランプ大統領、市場の「複雑さ」ようやく認識か

[ワシントン 13日 ロイター BREAKINGVIEWS] - トランプ米大統領は、医療保険制度(オバマケア)だけでなく金融市場もまた複雑であることにやっと気付いたようだ。

アングル:為替操作国の認定見送りでも、中国が油断できない訳

[上海 13日 ロイター] - トランプ米大統領は米紙のインタビューで、近く公表する外国為替報告書で中国の為替操作国認定を見送る考えを示した。ただ、これで中国が難を逃れるわけではなく、米国は対中貿易赤字の問題に別方向から対処しそうだ。

コラム:北朝鮮有事の円相場シミュレーション=佐々木融氏

[東京 10日] - 日本時間7日(金)午前10時過ぎに米軍がシリアに対して巡航ミサイルによる攻撃を行ったとの報道が流れると、円は全面高となり、110円台後半で推移していたドル円相場は110円台前半まで下落、ユーロ円相場も118円ちょうど近辺から117円台前半まで下落した。

焦点:歴史的なトルコ国民投票、最大の試練に直面する大統領

[イスタンブール 13日 ロイター] - トルコで16日、大統領に実権を集中させる憲法改正案の是非を問う国民投票が実施される。約1世紀前、オスマン帝国の瓦礫の上に現在の共和国が築かれて以来で最大の体制変更がもたらされる可能性があり、影響は国外にも及びそうだ。

アングル:記者が見た北朝鮮「重大イベント」の一部始終

[平壌 13日 ロイター] - 世界から孤立した国家、北朝鮮で大勢の外国人記者たちに混じり、ロイターの取材陣として同国を訪れることは貴重な体験である。

米3月小売売上高0.2%減、2カ月連続マイナス

[ワシントン 14日 ロイター] - 米商務省が14日発表した3月の小売売上高は前月比0.2%減と、2カ月連続でマイナスとなった。自動車の売り上げが振るわず、全体水準を押し下げた。第1・四半期に経済成長が急減速したことを示唆する。市場予想は0.1%減だった。

米CPI、3月は前月比0.3%低下 13カ月ぶりマイナス

[ワシントン 14日 ロイター] - 米労働省が14日発表した3月の消費者物価指数(CPI、季節調整済み)は前月比0.3%低下し、2016年2月以来、13カ月ぶりのマイナスとなった。ガソリンや携帯電話サービスの値下がりが、賃貸や食品価格の上昇を相殺した。市場予想は横ばいだった。

タカタ再建計画は5月にずれ込み 補償交渉なお時間必要=関係筋

[東京 15日 ロイター] - エアバッグの大量リコール問題を抱えるタカタの再建計画の策定が5月中にずれ込む見通しだ。3月末までのとりまとめを目指していたが、タカタ本社の再建手法が決まらないうえ、大口債権者の自動車メーカー各社との補償交渉が続いている。タカタは5月中に開催を予定している車メーカーとの会合を踏まえ、関係企業との最終合意を目指す。複数の関係筋が明らかにした。