カテゴリー : 2017年 4月19日

クーレECB専務理事が孤立主義厳しく批判、金融規制緩和に警鐘

[フランクフルト 19日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のクーレ専務理事は19日、訪問先のニューヨークで、社会で最もぜい弱な層をさらに危険にさらす恐れがあるとして、孤立主義を厳しく批判した。

オピニオン:英選挙でEU離脱に「異変」あるか=吉田健一郎氏

[東京 19日] - 6月8日の前倒し実施が決まった英国総選挙は、欧州連合(EU)からの離脱を巡って、より現実的な交渉スタンスを示唆し始めたメイ首相の事実上の信任投票であり、首相にとって真の敵は最大野党・労働党というよりも、身内の保守党内にいる対EU強硬派だと、みずほ総合研究所・上席主任エコノミストの吉田健一郎氏は指摘する。

金融機関の競争激化に警鐘、経営不安定化のリスク=日銀

[東京 19日 ロイター] - 日銀は19日、金融システムの現状と展望をまとめた「金融システムリポート」を公表した。低金利環境が長期化し、人口減少で地域経済の縮小が懸念される中、金融機関同士の競争激化に対し、一段と収益力を弱め、経営を不安定化させるリスクがある、と警鐘を鳴らした。

日豪が防衛相会談、18年に戦闘機の共同訓練を実施

[東京 19日 ロイター] - 稲田朋美防衛相とオーストラリアのペイン国防相は19日に都内で会談し、航空自衛隊とオーストラリア空軍の戦闘機による共同訓練を2018年に実施する方向で調整することで一致した。

独政府、経常黒字の妥当性主張 G20控え

[ベルリン 19日 ロイター] - 20日から米ワシントンで開かれる20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議を前に、ドイツ政府は自国の経常黒字の妥当性を主張する文書をまとめた。

東南アジア株式=概ね下落、リスク回避姿勢強まる

SBキャピタル・セキュリティーズの株式アナリスト、ビクトール・フェリックス氏は「昨夜の英総選挙発表というサプライズを受け、リスク回避姿勢が広がっている」と指摘した。

日米韓が防衛実務者協議、緊急事態への対応で連携

[東京 19日 ロイター] - 日米韓の防衛当局は19日、都内で実務者協議を開き、北朝鮮への抑止力を強化するとともに、緊急事態に効果的に対応できるよう緊密に連係することの重要性を確認した。

豪・NZ、カナダ酪農政策巡りWTO申し立てなら米に賛同も

[シドニー/ウェリントン 19日 ロイター] - オーストラリアとニュージーランド(NZ)の酪農業界関係者らは19日、トランプ米大統領が酪農政策を巡りカナダを批判したことを受けて、この問題で世界貿易機関(WTO)に申し立てをする場合、米国に賛同する考えを示した。

ECB、政策変更にはさらにデータ必要=エストニア中銀総裁

[タリン 19日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのハンソン・エストニア中銀総裁は19日、ECBが具体的な政策変更を検討するためには裏付けとなるデータがさらに必要になるとの見解を示した。

米財務長官、大統領発言にドル押し下げ意図「絶対ない」=FT紙

[ロンドン 19日 ロイター] - 19日付の英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)によると、ムニューシン米財務長官は同紙とのインタビューで、トランプ大統領には自身の発言によってドルを押し下げようとする意図は絶対にないと述べた。