カテゴリー : 2017年 4月20日

米WD、東芝半導体買収で産革機構・政投銀と協調も=CFO

[東京 20日 ロイター] - 米ウエスタンデジタル(WD)のマーク・ロング最高財務責任者(CFO)は20日、ロイターのインタビューに応じ、東芝のNAND型フラッシュメモリー事業の買収について、産業革新機構(INCJ)、日本政策投資銀行(DBJ)との共同入札も検討していることを明らかにした。

UPDATE 1-米WD、東芝半導体買収で産革機構・政投銀と協調も=CFO

[東京 20日 ロイター] - 米ウエスタンデジタル(WD)のマーク・ロング最高財務責任者(CFO)は20日、ロイターのインタビューに応じ、東芝のNAND型フラッシュメモリー事業の買収について、産業革新機構(INCJ)、日本政策投資銀行(DBJ)との共同入札も検討していることを明らかにした。

今年3度の利上げ、なお良い基本シナリオ=米ダラス連銀総裁

[ワシントン 20日 ロイター] - 米ダラス地区連銀のカプラン総裁は、今年3度の利上げは「依然として良い基本シナリオ」だが、米連邦準備理事会(FRB)は景気動向を見極めながら柔軟に対応できる余地があるとの考えを示した。ブルームバーグテレビのインタビューで述べた。

独BMW、第1四半期は税引き前利益27%増 地図サービスの価値上昇

[フランクフルト 20日 ロイター] - 独自動車大手BMWは20日、第1・四半期の税引き前利益が27%増加したことを明らかにした。地図・位置情報サービスの独ヒアの株式を米インテルが取得したことで、BMWが保有するヒアの株式価値が上昇したことなどが寄与した。

三井生命、ヘッジ付外債を数百億円圧縮=17年度運用計画

[東京 20日 ロイター] - 三井生命保険が20日発表した2017年度の運用計画では、外国債券のうち、為替ヘッジ付き外債を数百億円程度減らす一方、ヘッジなしのオープン外債を1000億円以上増やす。

東南アジア株式=まちまち、仏大統領選控え慎重な取引

[20日 ロイター] - 東南アジア株式市場の株価はまちまち。手掛かり材料不足の中、慎重な取引に終始した。週末の仏大統領選を控え、世界的にリスク志向が抑制された。

朝鮮半島情勢、平和的に安定実現と豪外相 中国の役割促す

[東京 20日 ロイター] - オーストラリアのビショップ外相は20日に開いた日本との外務・防衛担当閣僚会合(2プラス2)後の共同会見で、緊迫する朝鮮半島情勢について、「平和的な手段で安定と安全を実現したい。日本と立場を共有している」と語った。

コラム:年内ドル100円に導く3大要因=亀岡裕次氏

[東京 20日] - 年初118円台だったドル円が108円台まで下落してきたが、要因は何だったのか。2月にかけて111円台へ下落した局面では、ドル実効為替が顕著に下落していた。トランプ減税・インフラ投資の規模に対する過剰な期待が後退したこと、トランプ米大統領が保護主義姿勢を強めてドル高に懸念を示したことが、米金利低下・ドル安に作用したからだ。

UPDATE 1-朝鮮半島情勢、平和的に安定実現と豪外相 中国の役割促す

[東京 20日 ロイター] - オーストラリアのビショップ外相は20日に開いた日本との外務・防衛担当閣僚会合(2プラス2)後の共同会見で、緊迫する朝鮮半島情勢について、「平和的な手段で安定と安全を実現したい。日本と立場を共有している」と語った。

安川電機、今期は実質増収増益を予想 想定レートは対ドル110円

[東京 20日 ロイター] - 安川電機が20日発表した2018年2月期業績予想(11カ月強の変則決算)は、連結売上高が4140億円、営業利益が370億円となった。いずれも前年の12カ月間の実績を上回り、実質的に増収増益を計画する。