カテゴリー : 2017年 4月24日

BRIEF-4月の米ダラス連銀製造業景況指数は+16.8

[ 24日 ロイター] -

* 4月の米ダラス連銀製造業景況指数は+16.8

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

米BEIが1週間ぶり高水準、仏大統領選第1回投票受け

[ニューヨーク 24日 ロイター] - フランス大統領選第1回投票の出口調査結果を受け、米債券市場のインフレ期待を示す、ブレーク・イーブン・インフレ率(BEI)が24日、1週間ぶりの高水準をつけた。

トランプ氏「好戦的な」北朝鮮批判、習主席と電話協議

[ワシントン 24日 ロイター] - トランプ米大統領は23日、中国の習近平国家主席と電話協議し、北朝鮮が好戦的な態度を続けており、朝鮮半島を不安定化していると批判した。米ホワイトハウスが24日、声明を発表した。

東南アジア株式=まちまち、企業決算前に

[24日 ロイター] - 24日の東南アジア株式市場はまちまちとなった。1━3月期の経済成長や企業決算の発表を控えポジション調整の取引が中心となった。  

独経済成長、第1四半期は鉱工業や民間消費が押し上げ=連銀月報

[フランクフルト 24日 ロイター] - ドイツ連銀は24日公表した月報で、2017年第1・四半期の同国経済成長は鉱工業や民間消費の押し上げにより大幅に加速した可能性があるとの見方を示した。

アングル:東芝半導体入札、鍵握るファンドの動き 狭まる選択肢

[東京 24日 ロイター] - 東芝の半導体メモリー事業の売却をめぐり、国内外のファンドの動向が入札の行方を左右しそうだ。複数の関係筋によると、米投資ファンドのコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)が官民ファンドの産業革新機構(INCJ)との共同応札を検討している。

〔アングル〕東芝半導体入札、鍵握るファンドの動き 狭まる選択肢  

[東京 24日 ロイター] - 東芝の半導体メモリー事業の売却をめぐり、国内外のファンドの動向が入札の行方を左右しそうだ。複数の関係筋によると、米投資ファンドのコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)が官民ファンドの産業革新機構(INCJ)との共同応札を検討している。一方、米半導体大手ブロードコムと米投資ファンドのシルバーレイクの連合が金額面などで有利な条件を示しているとみられ、どの陣営が優先交渉権を得るのか予断を許さない状況が続いている。

仏ルペン氏、マクロン氏はイスラム系テロに対して「弱腰」と批判

[エナン・ボーモン(フランス) 24日 ロイター] - 仏極右政党・国民戦線(FN)のルペン党首は、中道系独立候補のマクロン前経済相がイスラム教徒によるテロ行為に対峙したときに「弱腰」になると痛烈に批判した。

UPDATE 1-ニコンが蘭ASMLなど提訴、露光装置の特許侵害主張

[東京/フランクフルト 24日 ロイター] - ニコンは24日、オランダASMLとドイツ光学機器大手カールツァイスが半導体露光装置に関する特許を侵害しているとして、特許技術が使われている同装置などの販売差し止めと損賠賠償を求める訴えをオランダ、ドイツ、日本で起こしたと発表した。

日銀の長期金利調整、事前通知は困難=早川元理事

[東京 24日 ロイター] - 元日銀理事の早川英男・富士通総研エグゼクティブ・フェローは24日の記者向け勉強会で、日銀のイールドカーブ・コントロール(YCC)政策について、現在「ゼロ%程度」としている長期金利目標の引き上げ条件などを事前に示すことは難しいとし、目標を変更する場合はサプライズ戦略になる可能性を指摘した。