再送-〔アングル〕東芝半導体入札、鍵握るファンドの動き 狭まる選択肢  

[東京 24日 ロイター] - 東芝の半導体メモリー事業の売却をめぐり、国内外のファンドの動向が入札の行方を左右しそうだ。複数の関係筋によると、米投資ファンドのコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)が官民ファンドの産業革新機構(INCJ)との共同応札を検討している。一方、米半導体大手ブロードコムと米投資ファンドのシルバーレイクの連合が金額面などで有利な条件を示しているとみられ、どの陣営が優先交渉権を得るのか予断を許さない状況が続いている。
コメント 停止中