UPDATE 1-アジア通貨動向(26日)=台湾ドル2年半ぶり高値、ルピーは20カ月ぶり高値

(情報を更新しました) [26日 ロイター] - アジア新興国通貨は大半が上昇。台湾ドルは海外からの資 金流入を背景に2014年9月以来、2年半ぶり高値を付けた。インドルピーは国内株式 市場の上昇を受けて20カ月ぶり高値に上昇している。 台湾ドルは5日連続で値上がり。 インドルピーは3日連続で上昇。インド株は企業の堅調な四半期決算やイン ドへの資金流入が拡大するとの期待感を受けて上昇している。 一方、トランプ米大統領が26日に提示する予定の税制改革案に投資家の注目が集ま っている。市場は法人税率の大幅引き下げを見込んでいる。 みずほ銀行の外為ストラテジスト、Chang Wei Liang氏は「税制改革が予想通りであ れば、アジア株の支援材料となり、リスク志向の高まりからアジア通貨の小幅上昇が見込 まれる」と述べた。 マレーシアリンギは2日連続で上昇し、5カ月ぶり高値。 0527GMT(日本時間午後2時27分)現在のアジア新興国通貨の対米ドル相場 は以下の通り。 Currency Latest b
コメント 停止中