中国国際航空が来月北京・平壌間を増便、減便発表から一転

[上海 25日 ロイター] - 中国国際航空(エア・チャイナ)は、5月初めから北京と北朝鮮の首都平壌を結ぶフライトを増便する。14日には「チケットの販売状況」に基づき、この路線の一部の便について運航を一時中止するとしていたが、全便が無期限で廃止されるとの国営中央テレビ(CCTV)の報道は否定した。
コメント 停止中