カテゴリー : 2017年 4月28日

ホンダ今期営業益16%減へ、四輪販売は過去最高目指す

[東京 28日 ロイター] - ホンダは28日、2018年3月期(今期)の連結営業利益(国際基準)が前期比16.1%減の7050億円になる見通しと発表した。前期に計上した年金会計処理の変更に伴う利益の押し上げ効果がなくなるほか、為替の影響で減益となる見込み。

UPDATE 1-第1四半期の米雇用コスト指数0.8%上昇、07年以来の大幅な伸び

[ワシントン 28日 ロイター] - 米労働省が発表した第1・四半期の雇用コスト指数は前期比0.8%上昇した。上昇率は市場予想の0.6%を上回り、2007年第4・四半期以来の大きさとなった。

UPDATE 2-ホンダ、為替で今期営業益16%減へ 四輪販売は過去最高を計画 

[東京 28日 ロイター] - ホンダは28日、2018年3月期(今期)の連結営業利益(国際基準)が前期比16.1%減の7050億円になる見通しと発表した。前期に計上した年金会計処理の変更に伴う利益の押し上げ効果がなくなるほか、為替の影響で減益となる見込み。

村田の営業益予想は+12%、スマホ高機能化で需要増

[東京 28日 ロイター] - 村田製作所は28日、2018年3月期の営業利益について前年比12.3%増の2260億円を見込んでいると発表した。スマートフォンの高機能化に伴う部品点数の増加や自動車の電装化の進展が追い風となる見通し。

日航社長、先行投資「17年度に集中」 中間配当導入へ

[東京 28日 ロイター] - 日本航空は28日、2017―20年度までの中期経営計画を発表した。20年度までに投資利益率を17年度の8.1%から9%以上へ引き上げ、営業利益率は10%以上を毎年維持する。前回の中計では5年間の平均営業利益率は14%強だったが、今回の新中計では戦略投資がかさみ、利益率が一時的に低下する。

UPDATE 2-日航社長、先行投資「17年度に集中」 中間配当導入へ

[東京 28日 ロイター] - 日本航空は28日、2017―20年度までの中期経営計画を発表した。20年度までに投資利益率を17年度の8.1%から9%以上へ引き上げ、営業利益率は10%以上を毎年維持する。前回の中計では5年間の平均営業利益率は14%強だったが、今回の新中計では戦略投資がかさみ、利益率が一時的に低下する。

キリンHD、1―3月期は45%営業増益 会社計画を上回る進捗

[東京 28日 ロイター] - キリンホールディングスは28日、2017年1―3月期の連結営業利益が前年比45.4%増の368億円になったと発表した。会社側は「通期営業利益達成に向けて、計画を上回る進捗」としている。

ヤマト、基本運賃を最大180円値上げ 今期取扱量8000万個抑制 

[東京 28日 ロイター] - 宅配最大手のヤマトホールディングス は28日、宅配便の基本運賃を140―180円(税抜き)引き上げると発表した。9月末までに実施する。ネット通販の拡大による取扱荷物の急増に体制が追い付かず、ドライバーを中心に休憩が取れないなど労働負担が重くなっていた。

米政府機関、閉鎖になるなら閉鎖するしかない=トランプ大統領

[ワシントン 27日 ロイター] - トランプ米大統領は27日、政府機関が「閉鎖になるなら閉鎖するしかない」と述べ、閉鎖の重大性を重く見ない姿勢を示した。また、政府機関が閉鎖される事態となれば民主党の責任だとした。ロイターとのインタビューで語った。

初めて土星の輪くぐった「カッシーニ」、雲の渦など画像を送信

[ケープカナベラル(米フロリダ州) 27日 ロイター] - 米航空宇宙局(NASA)の土星無人探査機「カッシーニ」が27日、土星の輪をくぐり、これまでで最も近い位置から撮影した土星の画像を地球に送信した。