東京外為市場・15時=ドル111円前半で一進一退、連休控え調整主体の取引

[東京 28日 ロイター] -         ドル/円   ユーロ/ドル   ユーロ/円  午後3時現在 111.15/17 1.0860/64 120.72/76  午前9時現在 111.21/23 1.0863/67 120.82/86  NY午後5時 111.25/28 1.0872/74 120.97/01   午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、わずかにドル安 /円高の111円前半だった。月末の実質的な五・十日に当たり、午前は実需のドル買い が支えになったが、仲値公示通過後は大型連休を控えて調整主体の取引となった。 午後のドルの値幅は上下14銭程度にとどまった。 きょうは米国の1─3月国内総生産(GDP)速報値に関心が寄せられている。ロイ ターがまとめた市場予測はプラス1.2%だが、アトランタ地区連銀の経済予測モデル「 GDPナウ」では、このところの弱い指標を織り込んでプラス0.2%の予想。市場では 「実際にゼロ%台前半ならネガティブサプライズになりそう」(
コメント 停止中