カテゴリー : 2017年 4月29日

北朝鮮「さらなる挑発も」と首相、国際社会の一致訴え

[ロンドン/東京 29日 ロイター] - 安倍晋三首相は日本時間29日夕、訪問中の英国で記者会見し、弾道ミサイルを発射した北朝鮮に対し「重大な脅威であり、断じて容認できない」と非難した。その上で「さらなる挑発の可能性も考えられる」とし、日米の緊密な連携に加え、国際社会の一致団結が必要と訴えた。

UPDATE 1-北朝鮮「さらなる挑発も」と首相、国際社会の一致訴え

[ロンドン/東京 29日 ロイター] - 安倍晋三首相は日本時間29日夕、訪問中の英国で記者会見し、弾道ミサイルを発射した北朝鮮に対し「重大な脅威であり、断じて容認できない」と非難した。その上で「さらなる挑発の可能性も考えられる」とし、日米の緊密な連携に加え、国際社会の一致団結が必要と訴えた。

UPDATE 1-仏軍艦艇が佐世保入港、日米英と共同訓練へ 北朝鮮や中国けん制

[佐世保市 29日 ロイター] - フランス海軍の艦艇が29日、長崎県の海上自衛隊佐世保基地に入港した。このあと日本、英国、米国の部隊を乗せ、4カ国で共同訓練をしながら米領グアムへ向かう。南シナ海や朝鮮半島問題でアジア太平洋地域の緊張が高まる中、日米だけでなく、欧州諸国もこの地域に強い関心があることを示し、4カ国で中国や北朝鮮をけん制する狙いがある。

BRIEF-安倍首相: 北朝鮮ミサイル発射、重大な脅威であり断じて容認できない

[29日 ロイター] -

* 安倍首相: 北朝鮮ミサイル発射、重大な脅威であり断じて容認できない

* 安倍首相: 安保理決議違反であり国際社会に対する明確な挑戦=北朝鮮で

* 安倍首相: さらなる挑発の可能性、日米で緊密連携し警戒態勢維持=北朝鮮で

* 安倍首相: 英国のEU離脱が円滑かつ成功裏に進むことが必要

* 安倍首相: 北朝鮮の挑発が続く現状を踏まえれば、現時点でただちに6者会合再開できない

* 安倍首相: 日本は引き続き欧米とともに自由貿易の旗手であり続けることを目指す

* 安倍首相: 北朝鮮の核開発は地域への脅威、中国の対応に注目している

仏軍艦艇が佐世保入港、日米英と共同訓練へ 北朝鮮などけん制

[佐世保市 29日 ロイター] - フランス海軍の艦艇が29日、長崎県の海上自衛隊佐世保基地に入港した。このあと日本、英国、米国の部隊を乗せ、4カ国で共同訓練をしながら米領グアムへ向かう。南シナ海や朝鮮半島問題でアジア太平洋地域の緊張が高まる中、日米だけでなく、欧州諸国もこの地域に強い関心があることを示し、4カ国で中国や北朝鮮をけん制する狙いがある。

米空母カール・ビンソンが日本海に到達、北朝鮮に圧力

[佐世保市 29日 ロイター] - 北朝鮮に圧力をかけるため派遣された米空母カール・ビンソンが29日、日本海に到達した。共同訓練を実施していた海上自衛隊が、同日正午過ぎに長崎県対馬の東沖で訓練を終了したと発表した。

仏軍艦艇が佐世保入港、日米英と初の4カ国共同訓練へ

[佐世保市 29日 ロイター] - フランス海軍の艦艇が29日、長崎県の海上自衛隊佐世保基地に入港した。このあと日本、英国、米国の部隊を乗せ、4カ国で共同訓練をしながら米領グアムへ向かう。南シナ海や朝鮮半島問題でアジア太平洋地域の緊張が高まる中、日米だけでなく、欧州諸国もこの地域に強い関心があることを示し、4カ国で中国や北朝鮮をけん制する狙いがある。

コラム:北朝鮮有事の際、日銀にできること=井上哲也氏

[東京 28日] - 北朝鮮情勢を巡っては焦点とされたタイミングこそ通過したが、かつては距離感のある言葉だった「地政学リスク」を実感せざるを得ない状況は今も続いている。

コラム:気分次第のトランプ外交が導く危険な世界

[27日 ロイター] - トランプ米大統領は、伝統的な外交を実践しない。内政と同様に、だがより濃厚な無知の霧の中で、外交の諸問題や取決めを個別の出来事のように扱い、気分次第で反応している。

コラム:北朝鮮有事の円高説に潜む「落とし穴」=高島修氏

[東京 28日] - 北朝鮮が核実験やミサイル試射など決定的な挑発行為に訴えることなく、4月15日の故金日成主席生誕105周年や25日の朝鮮人民軍創設85周年といったイベントが通過したことで、市場の地政学リスクに対する警戒感は後退している。