カテゴリー : 未分類

BRIEF-8月の米製造業新規受注は前月比+1.2%(予想:+1.0%)=商務省

[5日 ロイター] -

* 8月の米製造業新規受注、輸送機器を除くベースで前月比+0.4%=商務省

* 8月の米製造業新規受注は前月比+1.2%(予想:+1.0%)=商務省

UPDATE 1-米9月ADP民間雇用者数13.5万人増、16年10月以来の小幅な伸び

[4日 ロイター] – 企業向け給与計算サービスのオートマチック・データ・プロセッシング(ADP)とムーディーズ・アナリティクスが4日に発表した9月の全米雇用報告によると、民間部門雇用者数は13万5000人増と、市場予想の12万5000人増を上回った。

UPDATE 1-オバマケア改廃法案、通過は困難な状況 上院共和党3人が反対

[ワシントン 25日 ロイター] – 米上院共和党が目指している医療保険制度改革(オバマケア)改廃は、同党のスーザン・コリンズ議員が新法案に反対を表明したことから通過が困難な状況となっている。

ECBに十分な猶予、マイナス預金金利が融資阻害前に=専務理事

[フランクフルト 25日 ロイター] – 欧州中央銀行(ECB)のクーレ専務理事は25日、マイナスの中銀預金金利がユーロ圏の融資活動に悪影響を及ぼす前にECBには「十分な猶予」があるとの見解を示した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は伸び悩み、円相場がやや強含む

日経平均は伸び悩み、2万0300円台後半で推移している。足元の円相場がやや強含んでおり、買いの勢いは一服している。市場では「休み中に北朝鮮リスクが高まったわりにしっかりとした値動きだ。ただ、配当権利取りの買いが中心で指数を大きく押し上げるには力不足感が否めない」(国内証券)との見方が出ていた。

UPDATE 1-米グーグル、台湾HTCの一部スマホ事業を11億ドルで取得へ

[台北 21日 ロイター] – 米アルファベット傘下のグーグルは、台湾の宏達国際電子(HTC)のスマートフォン事業の一部を11億ドルで取得する。両社が21日に正式発表した。

ロヒンギャ問題、トランプ氏は無言 支援期待せず=バングラ首相

[ニューヨーク 18日 ロイター] – バングラデシュのハシナ首相は18日、ミャンマーから流入しているロヒンギャ難民の問題についてトランプ米大統領に訴えたが反応はなく、米国の支援は期待していないと明らかにした。ロイターのインタビューで述べた。

〔マーケットアイ〕外為:ドル110円付近でじり安、株の伸び悩みや調整売りで

「いったんリスクオンになってはいるが、どこまでそのムードを維持できるのか、株価次第なので判断が難しい」(外銀)との声も聞かれる。

ホットストック:大阪ソーダが急伸、EV向け素材の工場建設報道を材料視

[東京 30日 ロイター] – 大阪ソーダが急伸。同社が電気自動車(EV)に搭載するリチウムイオン電池などに使われるカーボンナノチューブ(CNT)の製造開始に向け、国内工場を建設すると報じらた。普及が期待されるEVの関連銘柄との見方から、報道を材料視した買いが入っている。日本経済新聞電子版によると、新工場は国内にある既存工場に併設する計画で、2019年8月までに30億円前後を投じる予定。まず年2─3トンの生産を計画しているという。

マレーシアのイスラム団体、スタバ不買呼び掛け 同性愛擁護と非難 

[クアラルンプール 6日 ロイター] – マレーシアのイスラム教団体「ペルカサ」は、米コーヒーチェーン大手スターバックスが同性愛者の権利を擁護していることに抗議し、同社製品のボイコットを呼びかけた。