トヨタ自動車、次世代「オーリス」を英国で生産へ=関係筋

[ロンドン 6日 ロイター] - トヨタ自動車は、英政府が欧州連合(EU)離脱交渉で移行期間を確保できるという想定に基づき、乗用車「オーリス」の次世代車を英国工場で生産する方針だ。事情に詳しい2人の関係筋がロイターに語った。

EXCLUSIVE-トヨタ自動車、次世代「オーリス」を英国で生産へ=関係筋

[ロンドン 6日 ロイター] - トヨタ自動車は、英政府が欧州連合(EU)離脱交渉で移行期間を確保できるという想定に基づき、乗用車「オーリス」の次世代車を英国工場で生産する方針だ。事情に詳しい2人の関係筋がロイターに語った。

アルゴ取引、規制は急がず=英中銀高官

[ロンドン 6日 ロイター] - イングランド銀行(英中央銀行)の市場担当エグゼクティブディレクター、クリス・サーモン氏は6日、株式・債券・為替市場で広がる超高速取引とそれに伴うフラッシュクラッシュ(瞬間の急落)について、規制当局が即時に行動を起こす必要性はないとの見解を示した。

コラム:企業の内部留保増加、衆院選の争点に 日本経済「一歩前進」

[東京 6日 ロイター] - 企業の内部留保の増大をどのようにとらえるべきか──。この点が衆院選の争点の1つになりそうな情勢だ。私は、企業が利益剰余金を積み上げたままでは企業間競争に乗り遅れると思わせる国内市場の活性化や、規制緩和が必要だと考える。

ノーベル平和賞にNGO「核兵器廃絶国際キャンペーン」

[オスロ/ジュネーブ 6日 ロイター] - ノルウェーのノーベル賞委員会は6日、2017年のノーベル平和賞を、非政府組織(NGO)の連合体「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)に授与すると発表した。

米軍、湾岸地域での合同軍事演習縮小 カタール問題受け

[ドバイ 6日 ロイター] - 中東地域を担当する米中央軍(CENTCOM)の報道官は6日、カタールと近隣諸国の国交断絶問題を受け、ペルシャ湾岸地域での合同軍事演習への関与を一部縮小していることを明らかにした。

北朝鮮、開城工業団地の操業を再開

[ソウル 6日 ロイター] - 北朝鮮の複数の公式サイトは6日、昨年操業が中断された韓国との経済協力事業「開城(ケソン)工業団地」の操業を再開したことを明らかにした。韓国政府は昨年、北朝鮮のミサイル発射に対する制裁措置として、同団地の操業を中断していた。

Jフロント、18年2月期業績予想を上方修正 ギンザシックスも寄与

[東京 6日 ロイター] - J.フロント リテイリングは6日、2018年2月期の業績予想(IFRS、国際会計基準)を上方修正すると発表した。卸売業の電子デバイス部門が好調だったほか、4月に開業した銀座エリア最大の商業施設「GINZA SIX(ギンザシックス)」も寄与した。

訂正-〔焦点〕金融緩和出口で違い鮮明 自民・希望の公約、識者の意見も二分

(表中の「2010年」を「2020年」に訂正します。) [東京 6日 ロイター] - 自民党と希望の党の公約を見比べると、マクロ政策で最も際立つ違いは 、金融政策の方向性だ。自民はデフレ脱却まで現在の超緩和策を継続するとしているのに対し、希望は当面 は維持しつつ出口を模索すると掲げた。政府関係者の一部は尚早な出口模索は円高を招き、アベノミクス効 果が失われると危機感を持つ。ただ、一部の識者は、マクロ政策の方向転換の議論のきっかけになるのでは ないかと見ている。 希望の党が6日に公表した公約には「日銀の大規模緩和は当面維持したうえ、円滑な出口戦略を政府・ 日銀一体となって模索する」との一文が盛り込まれた。 政府高官の一人は「デフレ脱却と経済再生が、まだ実現していない段階で、金融緩和の出口に向かうと いうのは、アベノミクスを取り下げることに等しい」と指摘する。 特に「円高が起こる恐れがある」として、企業部門への打撃を懸念している。 複数の政府・与党関係者によると、足掛け5年に及ぶ超金融緩和の継続でも、デフレ脱却に至らず、そ の効

吉野家HD、現時点で値上げの計画はない=河村社長

[東京 6日 ロイター] - 吉野家ホールディングス の河村泰貴社長は6日の決算会見で「現時点で具体的な値上げの計画は持っていない」と述べた。